万生マーケティング合同会社

日本初・室内空気品質体感モデルハウス誕生! ウイルス共存共生時代・世界が驚く健康社会のイノベーショ ン



今までにない量の化学物質(ケミカル製品)からの自然素材による還元作用が自己治癒力・免疫機能向上をサ ポート! 新しい生活様式における健康住宅新基準「身体の酸化防止」を実現する室内空気品質の実現。
実施概要
万生・植物抽出機能性素材(天然素材100%:原産地・日本)の卸・販売を行う万生マーケティング合同会社(横 浜市鶴見区:代表 宮川慎司)と株式会社リライブ(横浜市都筑区:代表取締役 竹本龍二)は人にも環境にもペッ トにもやさしいエシカルリフォーム・SDGs推進の取り組みを強化するため、横浜市都筑区にある総合住宅展示場
「ハウスクエア横浜※」住宅展示場内に「エシカルリフォーム・身体の酸化を防ぐ」をテーマとした体感モデルハウ スを2021年6月1日にオープンした。建築基準法で推奨されている「F☆☆☆☆」の建材で施工された室内と万生 で施工した室内の空気品質の違いを体感出来るモデルハウスでは、2021年4月4日よりエシカルリフォームの施工 を開始し、5月末までに51社の見学、31社のテスト施工実施を行う。
錆びる力(合成化学物質等による酸化力)・錆びさせない力(植物還元力)
新型感染症コロナウイルス感染拡大に伴い、室内に抗ウイルス・抗菌の施工が提供されており、次亜塩素酸系・ 二酸化塩素・オゾン・紫外線など多くのサービスが「合成化学物質等の酸化力」で分解している。その酸化力を活 用した分解後の空気を吸うことは「身体の酸化」につながる。ウイルスや菌を分解したとしても、人の身体が酸化・ 酸化ストレスを与えることは避けなければならず、室内空気中には私たちに必要で非常に大切な菌「常在菌・酵母 菌・乳酸菌」などが浮遊しており、その大切な菌までも取り除いてしまうため「無菌」状態の室内を作り出す。無 菌状態で暮らすことは免疫力や抵抗力を低下させ、その空間で育つ子供達にどのような影響を及ぼすか危惧され る。 一方、植物還元力・還元作用の「万生」は、「イタドリ」「よもぎ」「柿の葉(柿タンニン)」の独自製法で抽出した エキスを建築建材としてクロス表面に層を創り化学物質を分解するコーティング材・万生配合珪藻土・万生配合漆 喰・外壁塗料への添加剤・下地材や塗料などへの添加剤などを開発し100社以上に採用が進んでいます。今まで 当たり前で常識であり、しょうがない部分としていた新築臭・リフォーム臭・建材臭の解決策として、化学物質に 頼らない天然成分で万生だけが可能としている「身体の酸化を抑え・防ぎ・予防し還元作用によって免疫機能向上 サポート」として期待できる。
今、私たちの暮らしの中にはいまだかってないほどの化学物質に覆われ、吸い込み、毎日曝露しています。建材 からの化学物質、家具からの化学物質、消臭剤・除菌スプレー等の化学物質、近年患者数が急増していると言わ れている「香りの害・香害」の原因とも言われている柔軟剤・合成洗剤、そして感染症対策として使用されるアルコー ルや次亜塩素酸等の製品など身体に酸化作用を与えてしまう機会が非常に多くあります。
その酸化作用の機会を自宅に戻ったら還元しよう・リセットしようとして「エイジングケアハウス (R)」の商標を取得し、 SGDsの「すべての人に健康と福祉を」のゴールに対して、2社の技術と素材で SDGsを推進し、エシカルリフォー ムの先導として多くの方に「真の健康」を提供して参ります。
暮らしの中に豊かさと便利を求めた結果、室内に自然なものが非常に少なくなったことにも改めて向き合う必要が あります。新しい生活様式の基準の一つとして、合成化学物質によって身体が酸化することを防ぎ、ウイルスに向 き合える「ホメオスタシス(生体恒常性維持機能)」「自然治癒力の根源」の向上をさせることが必要です。生命と は自らを正常に保とうとする力が存在し、生命は傷ついたり病んでも自ら修復する作用があるため、その作用を妨 げる可能性がある酸化力ではなく免疫力や抵抗力を最大限生かせる身体環境が保てる植物還元力が求められてい ます。
それがこの度ご提案する体感モデルハウスであり、植物還元力による還元作用の新しい生活様式です。
2021年6月、万生が練り込まれた「繊維」が世界で初めて開発に成功いたしました。大きな特徴としては纏うこと による抗酸化作用・免疫機能の維持をサポートする繊維であり、繰り返し洗濯しても成分が損なわれない繊維です。 厚生労働省認可の医療機器で測定し、還元作用が極めて高いと証明された繊維で、室内にあるインテリア等(カー テン・カーペット・ソファー)寝具等への配合が期待されております。
今後もエイジングケアハウス (R)の暮らしの提案としてに家具やインテリア等持ち込む製品への配合を積極的に進め て参ります。

※ハウスクエア横浜はハウスメーカー等のモデルハウスが20棟、リフォーム・リノベーション・エクステリア等の店舗・ショールーム22社が 入居し、学びながら相談が出来る総合住宅展示場として横浜市・東急不動産・東急株式会社等が出資運営する全国的にも珍しい総合住宅展 示場です。その他の施設としてドックランやフットサルコートなど地域の憩いと集いの場としても来場者数が多く、25年に渡り運営されてい る住宅展示場。

■株式会社リライブ 横浜市都筑区を中心に神奈川県内・東京都内を中心にキッチン・浴室・トイレなどの水回りのリフォームを手掛けています。 施工をすることで施主様からの「新築臭・リフォーム臭・建材臭」に関する悩みや相談が増えていること、施工する社員の化学物質による健 康被害等にも配慮し、人にも環境にもやさしいエシカルなリフォームを模索していたところ、合成化学物質を一切使用せず、天然成分・植物 還元作用がある「万生」を横浜市内でいち早く取り入れ施主様や社員の健康に向き合っている企業です。

■万生マーケティングジャパン 「身体の還元意識向上と身近にある合成化学物質との向き合い方」を経営理念に、化学物質に囲まれた豊かで便利な現在社会に自然素材と寄り添う天然成分の付加価値をプラスすることで付加価値をあげ、「衣・食・住」のすべての化成品を軽減し、身体の酸化を防ぎながら安全 に暮らす健康が最優先の豊かさを届け、次世代の子供たちにエシカルな文化と綺麗な地球を残せることに取り組くんでいます。それぞれの 専門家やプロフェッショナルと協業し、住空間 (住居・オフィス )に潜む、安全性を伝える製品等でありながら人の身体に酸化の影響を及ぼ すケミカル製品と植物還元力の新しい価値を想像し共生共存することに取り組んでいます。
【万生製品についての情報】
製品安全データシート有(MSDS)
原料:イタドリ・よもぎ・柿の葉
万生・植物抽出エキス
エーメス試験:遺伝毒性なし
抗菌・防臭の規格基準:SEK基準(繊維)
食品添加物規格基準適合(第370号):財団法人日本冷凍食品検査協会
消臭分解・空気浄化:日本化学繊維検査協会
抗菌作用:日本化学繊維検査協会
抗酸化作用:東京食肉安全検査センター 有害化学物質の減少:株式会社環境リサーチ
重金属・農薬の分析:財団法人日本食品分析センター
※原料の万生植物抽出エキスは様々な安全基準・品質管理をクリアしております。
万生マーケティングジャパン参画団体
・かながわ SDGs パートナー
・神奈川未病産業研究会
・ヨコハマウエルネスパートナー
・農林水産省 NO-FOODLOSS PROJECT
・地方創生 SDGs 官民連携プラットホーム

◆エシカルリフォーム施工に関するお問い合わせ
株式会社リライブ ハウスクエア横浜モデルハウス
横浜市都筑区中川 1-4-1 ハウスクエア横浜 住宅展示場 No.6
TEL:045-511-7427
URL:www.relive-reform.co.jp/



配信元企業:万生マーケティング合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
続きを読む