株式会社エクスウィルパートナーズ

7年で受講者数12.8倍 士業など先生業(R)のビジネス育成講座「志師塾」

教教育事業会社として、「先生業(R)」に特化した経営塾を運営する、株式会社エクスウィルパートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐和也/イガラシカズヤ、以下エクスウィルと言う)では、主宰する、士業を主体とした先生業を支援するビジネス講座「志師塾」におきまして、2020年4月1日~2021年5月末日の年間受講者数が665名と7年前の同時期年間受講者数52名から12.8倍に増加いたしましたので、お知らせいたします。



驚異的成長の理由
エクスウィルは、これまで、起業の成功に必要な、「顧客の獲得法」をはじめとした 経営・ビジネスの知識を、再現性にこだわった実践レベルまで咀嚼して提供してきたという過去がございます。そして、士業の活性化でその先の社会が必ず良くなると確信して指導を続けております。結果、士業含めた個人事業主の3年後の生存率が28%(中小企業白書)に対し、卒業生は96%と圧倒的な成果が出ており、努力の積み重ねが、今回、受講者数7年間で12.8倍という成果に繋がったものと考えております。

AI時代で先生業に逆風
昨今、AIの進展により士業の仕事が奪われる可能性が高いとされています。オックスフォード大学(イギリス)と野村総合研究所の共同研究(2015年12月公表)では、「AIによる代替可能性の高い職業」で、3つの士業が、代替可能性90パーセント以上、それ以外の3つの士業が75パーセント以上と言われており、士業の先生の不安材料になっています。

生き残りの秘訣
エクスウィルは、そうした中、士業の先生が直面する最大の悩みとして「あなただからお願いしたいという顧客の確保」という切実なものがあることを見逃せないと考えています。

エクスウィルは、士業の先生一人ひとりの志を大切にし、「才能があるのに食えないから廃業ないしは組織に戻る」という人を一人でも多く救い、先生の先にいる困っている顧客を助けたい想いで活動をしています。



配信元企業:株式会社エクスウィルパートナーズ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
続きを読む