道祖神

道祖神とは?:道祖神(どうそじん、どうそしん)は、路傍の神である。集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神で、村の守り神、子孫繁栄、近世では旅や交通安全の神として信仰・・・[ 続きを見る ](出典:Wikipedia)

関連する最新ニュースクリップ

トラベル予約