デジタルハリウッド株式会社
デジタルハリウッド大学、スタートアップ支援でプロトスター株式会社と提携|産学協同によるクリエイターとのマッチングや学発ベンチャーとの協業・コラボレーションを支援

2021年02月26日



 文部科学省認可の株式会社立の大学としてデジタルコミュニケーション学部(4年制大学)とデジタルコンテンツ研究科(専門職大学院)を設置しているデジタルハリウッド大学(所在地 東京・御茶ノ水、学長 杉山知之/DHU)では、デジタルコミュニケーションが基盤となる社会を、より幸せにする提案を行い、自ら実装する機関をつくるというヴィジョンのもと、学発ベンチャーを支援しています。

 この度、東京都「5G技術活用型開発等促進事業」の採択を受けたアクセラレーションプログラム「TOKYO 5G PROMOTER」において、当プログラムの運営者であるプロトスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川英麿)と提携し、スタートアップへの5Gの利活用に関する支援を開始します。

 「TOKYO 5G PROMOTER」は、スタートアップ企業を支援する事業者として東京都「5G技術活用型開発等促進事業」(https://5g-boosters.tokyo)より選出を受け、本アクセラレーションに採択されたスタートアップに対して東京都、通信事業者等と連携・協働を図り、資金的、技術的な側面からのサポート、マッチング支援等を展開しています。

 本学では「TOKYO 5G PROMOTER」の運営者であるプロトスター株式会社と提携し、デジタルコンテンツ制作をはじめとする学生および卒業生・修了生ネットワークとのマッチングに協力することで、採択企業の事業推進に貢献します。また、採択企業が展開するプラットフォームやイベントと、本学の強みのひとつである起業家・アントレプレナー教育から生まれたスタートアップと協業・コラボレーションも展開していく予定です。

 「TOKYO 5G PROMOTER」が目指す、”新しい日常”を加速させる5G技術・サービスを活用した新市場が継続的に生まれるエコシステムの構築に協力して参ります。

 なおデジタルハリウッド大学大学院では近日、学発ベンチャー等のビジネスプランや成果を発表する「DHGS the DAY」が開催されます。あわせてご覧いただければ幸いです。

 → https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001911.000000496.html


【TOKYO 5G PROMOTER】

[画像1: https://prtimes.jp/i/496/1914/resize/d496-1914-222578-1.png ]


TOKYO 5G PROMOTERは、スタートアップ企業を支援する事業者として東京都「5G技術活用型開発等促進事業」(https://5g-boosters.tokyo)より選出を受け、スタートアップに対して東京都、通信事業者等と連携・協働を図り、資金的、技術的な側面からのサポート、マッチング支援等を展開するアクセラレーションプログラムです。


■期間:2020年11月から2022年2月まで

■テーマ:エンターテイメント、ヘルスケア、ワークスタイル

■提供内容:実証実験フィールドの提供(場所)、実証実験機会の提供(機会)、通信キャリア等とのネットワーク構築、メンタリング(技術助言等)の提供、開発環境の支援、5G技術/サービス開発を有利にする環境構築の支援、事業成長全般の支援(ビジネスマッチング、人材採用支援、大規模PRなど)

■運営:プロトスター株式会社 https://t5gp.com


【プロトスター株式会社】

プロトスターはスタートアップや起業家、企業の新規事業担当者やイントレプレナーなどの挑戦者を支援するためのインフラ作りに挑戦しています。

企業の0から100まであるフェーズに合わせて支援するとともに、スタートアップ、投資家、事業会社を結びつけ、次のビジネストレンドを創出します。

https://www.theprotostar.co


【デジタルハリウッド大学[DHU]】

[画像2: https://prtimes.jp/i/496/1914/resize/d496-1914-667316-0.jpg ]


https://www.dhw.ac.jp/

2005年4月、文部科学省認可の株式会社立の大学として東京・秋葉原に開学(現在の所在地は東京・御茶ノ水)。デジタルコミュニケーション学部(4年制大学)とデジタルコンテンツ研究科(専門職大学院)を設置している。

デジタルコミュニケーション学部では、不確実で予測不能な未来を自分らしく生き抜く力を身につける。 デジタルコンテンツ(3DCG/VFX、VR/AR、ゲーム、映像、グラフィック、Webデザイン、メディアアート、プログラミング等)と企画・コミュニケーション(ビジネスプラン、マーケティング、広報PR等)を産業界の第一線で活躍する教員から幅広く学べる一学部一学科制を採用。さらにグローバル人材を育成するために外国語の重点的な学習プログラムを備え、留学を推進している。世界40か国・地域出身の学生が在籍し、 御茶ノ水駅前で多様性に富むキャンパスを運営している。

デジタルコンテンツ研究科では、超高度情報化社会においてデジタルコミュニケーションを駆使し、社会に変革を起こすリーダーを輩出すべく、創発的学究領域 [SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]の4要素をバランス良く身につけ融合し、理論と実務を架橋する人材育成を行う。新規事業プランニングとプロトタイピングなど、院生のアイデアの実装およびスタートアップ支援により、「令和元年度大学発ベンチャー調査」(経済産業省)では全国大学中 11 位、私立大学中 3 位となっており、多数の起業家を輩出している。

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

PR TIMES 新着情報