原野商法

原野商法とは?:原野商法(げんやしょうほう)とは、原野などの価値の無い土地を騙して売りつける悪徳商法のことをいう。1960年代から1980年代が全盛期であり、新聞の折り込み広告や雑誌の広告などを使った勧誘が盛んに行われていた。・・・[ 続きを見る ](出典:Wikipedia)

新着ニュースメール

メールアドレスの登録で新着ニュースをお知らせします。

登録はこちらから

トラベル予約