デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
「共創型サービスIT連携支援補助金」(経済産業省)募集開始!≪第2期≫〜より多くの事業者の皆様からの申請を目指し、補助下限額を緩和〜

2020年11月19日



[画像1: https://prtimes.jp/i/67465/2/resize/d67465-2-892892-1.png ]


「共創型サービスIT連携支援補助金」(経済産業省)募集開始!≪第2期≫
〜より多くの事業者の皆様からの申請を目指し、補助下限額を緩和〜

共創型サービスIT連携支援事業事務局(以下、事務局)は、令和2年度共創型サービスIT連携支援事業(以下、本事業)に関して、以下のとおりお知らせします。

1.令和2年度共創型サービスIT連携支援事業は、2020年11月16日(月)より、2次公募を開始しました。1次公募で不採択となった事業者であっても、2次公募への申請は可能です。詳細は、本事業のWEBサイトをご確認下さい。
※WEBサイトURL:https://www.it-renkei.jp/
2.公募資料についても、2次公募用に更新しております。より多くの事業者の本補助金申請を目指し、補助下限額を500万円から100万円に変更となっております。
3.2020年11月16日(月)から2020年12月11日(金)まで、本事業の補助金の2次公募を行います。申請を受付けたものから順次審査を行う予定としております。応募条件に該当する事業者の皆様は、是非ご応募下さい。ご不明点がある方は、事務局までお問い合わせください。

【事業の目的】
本事業は、以下の課題の解決に向け、供給側に立つITベンダがAPI連携等により既存のITツールを連携・組み合わせたITツールを、顧客となる中小ユーザ企業が導入する際にかかる費用を支援するものです。これにより、中小ユーザ企業の生産性向上の実現を図ることを目的とします。

<ユーザ目線の欠如>
ITツールがUI(User Interface)、UX(User Experience)といった利用者目線で構築されておらず、使い勝手の課題が大きい

<一気通貫性の欠如>
サービス現場の全業務プロセスに一気通貫で対応できるITツールが不足している

<他社ツールとの連携の欠如>
無数のITベンダが限定的な業務プロセスにしか対応しないITツールを無数に提供しているが、他社製品とのAPI連携もとれないITツールが多い

【事業概要】
本補助金は、中小ユーザ企業がより幅広く業務プロセスを自動化・効率化するため、中小ユーザ企業等がITベンダやその他協力者とコンソーシアムを組成し、中小ユーザ企業にITツールを導入するとともに、利用者目線で設計されたITツールが構築されるよう、API連携等による既存の複数のITツールの連携や機能改善をする事業に係る経費の一部を補助するものです。

<コンソーシアムの構成(例)>

[画像2: https://prtimes.jp/i/67465/2/resize/d67465-2-740525-1.png ]


<スケジュール>

[画像3: https://prtimes.jp/i/67465/2/resize/d67465-2-362627-2.jpg ]


【補助対象者】
本補助金における補助対象者は、本事業で導入するITツールの利用者であり、かつ中小企業等の定義に当てはまる事業者となります。

【補助対象経費】
中小ユーザ企業、連携機能の構築のために、補助事業期間内に調達するソフトウェア購入費やクラウドサービス利用費、委託費等が本事業の補助対象経費となります。

<補助金の詳細>
[画像4: https://prtimes.jp/i/67465/2/resize/d67465-2-940950-3.jpg ]


<本事業の実施フロー及び補助対象経費(例)>
[画像5: https://prtimes.jp/i/67465/2/resize/d67465-2-625608-4.png ]


【応募方法】
 本事業WEBサイト(https://www.it-renkei.jp/)の公募資料の内容をご確認いただき、提出書類の準備及び必要事項の記入を行った上で、以下交付申請期間内に事務局まで電子メールにてご提出頂きます。応募にあたり、ご不明点がある方は、下記事務局までお問い合わせください。

<交付期間>
[画像6: https://prtimes.jp/i/67465/2/resize/d67465-2-677491-5.jpg ]


【問い合わせ先】
「共創型サービスIT連携支援事業」事務局

【メールでのお問い合わせ】
it-renkei@tohmatsu.co.jp

【お電話でのお問い合わせ】
070-1736-4438

電話受付時間:10時〜12時|13時〜17時
月曜〜金曜(土日祝日除く)
※電話番号はお掛け間違えのないようにお願いいたします。
※お電話が不通の場合には、電子メールでのお問い合わせも併せてご利用ください。

■「共創型サービスIT連携支援事業 事務局」について
当事務局では、本補助金の交付に向けた運営を実施するほか、本補助金に関するお問い合わせ等に対応します。
実施機関  :デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
設立年月  :2001年6月
代表者   :福島 和宏(代表執行役社長)
本社所在地 :〒100-8363 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング
URL    :http://www.deloitte.com/jp/dtfa

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

PR TIMES 新着情報

HTTP/1.1 200 OK Date: Mon, 23 Nov 2020 23:09:49 GMT Server: Apache/1.3.42 (Unix) mod_perl/1.31 Pragma: no-cache Cache-control: no-cache Content-Length: 32510 Keep-Alive: timeout=15, max=97 Connection: Keep-Alive Content-Type: text/html; charset=euc-jp Expires: Mon, 23 Nov 2020 23:09:49 GMT 商品の自主回収 の最新ニュース - フレッシュアイニュース
 

商品の自主回収

リコール (一般製品)とは?:リコールとは、設計・製造上の過誤などにより製品に欠陥があることが判明した場合に、法令の規定または製造者・販売者の判断で、無償修理・交換・返金・回収などの措置を行うことである。法令に基づくリコールと、製・・・[ 続きを見る ](出典:Wikipedia)

ピックアップ!

リコール (一般製品)についてもっと知る!

トラベル予約