話題

ビッグマックvs.ダブルチーズバーガー、勝つのは?

2017.01.15R25

1月6日から、「第1回マクドナルド総選挙」1回戦の投票がスタート(25日早朝締切)。“あなたの推しバーガーを、日本一に。”というキャッチコピーのもと、12種類のバーガーがそれぞれ“公約”を宣言して立候補したところ、ビッグマックとダブルチーズバーガーが大接戦を繰り広げている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

1回戦では、ビーフバーガーグループの「Aブロック(6種)」と、ビーフ以外のグループの「Bブロック(6種)」に分かれ、投票を受付。各ブロックで1位になったバーガーによる決勝戦をおこなう(投票期間:1月25〜31日)。決勝戦で1位に選出されたバーガーは、各々が掲げた「公約」を実現し、スペシャルバーガーを2月1〜8日早朝の1週間限定で販売するという企画だ。

投票方法は、立候補したバーガーのパッケージに記載されたQRコードから専用サイトにアクセスし、推しバーガーに投票する「食べて投票」(1票=100ポイント)と、Twitterを通じた投票で1ポイントが加算される「ツイートで投票」(1票=1ポイント)の2種類。これに期間中の各バーガーの売上ポイントを加え、マクドナルドの日本一のバーガーが決定する。

公約はどれも「お値段そのまま」でバーガーがバージョンアップするような内容だ。たとえばビッグマックなら、「お値段そのまま、メガマックに」、ダブルチーズバーガーなら、「お値段はそのまま、お肉もチーズもトリプルに。『ダブチ』から『トリチ』へ」。

12日朝10時頃の時点で、Aブロックは「ビッグマック」(925万7919pt)、「ダブルチーズバーガー」(924万3358pt)とビッグマックが僅差で1位だったが、夕方には形勢逆転しており、1位は「ダブルチーズバーガー」(1080万6271pt)、「ビッグマック」は2位に転落している(1053万1357pt)。その後、13日16時時点でも両者の順位は変わっていない。

Twitterでは、投票開始直後から両者がツートップ。当初は、

「マック総選挙、1位ビッグマックになりそう...
ビッグマックでもいいんだけど、ダブルチーズバーガーが良かったなぁ〜
逆転しないかな〜」
「Aブロック2位かダブルチーズバーガー… まあだろうな、ビッグマックには敵わないみたいなところある」

といった諦めの声もみられたが、その後「ダブルチーズバーガー」が追い上げてくると、

「あっあっ推しのダブルチーズバーガーがビッグマックに迫ってる…!勝って…!トリプルチーズバーガー食べたいの…!」
「ダブルチーズバーガー好きなんですけど、ビッグマックと接戦で明日から毎日食べて投票しないといかんのか?ってなってます」
「皆トリチ食べたくないのかよ!!メガマックなんてまたそのうち食えるぞ!!」

と「ダブルチーズバーガー」推しの声も興奮気味に。僅差に迫っていることがネット上で話題になり、ついに形勢は逆転! 慌てた「ビッグマック」推しのファンが、

「みなさんビッグマックがメガマックになるので投票お願いします!!
ダブルチーズバーガーなんて投票するんじゃない」
「ビッグマックに一位になってもらわないと困るからダブルチーズバーガーに入れんなよお前ら。」

といった声をあげている。

ちなみにBブロックは「てりやきマックバーガー」がダントツ(1040万2872pt、13日16時時点)、公約は「通常価格でWてりやき」だ。さて、実際に公約の実現にこぎつけるのは?
(花賀 太)

(R25編集部)
ビッグマックvs.ダブルチーズバーガー、勝つのは?はコチラ

※当記事は2017年01月14日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約