政治・社会

「電車内のゲームに抵抗ない」社会人男性、2年で増加

2017.02.16R25

世の常識は移り変わるもの。たとえばマンガ。以前はいい歳した大人が公衆の場でマンガを読むことは悪目立ちする“ありえない”行為だった。しかし最近では、電車内という公共の場でマンガを読むことは(依然、ネガティブな印象を持つ人はいても)、昔ほど眉をひそめられるような行為ではなくなっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

R25では、2015年2月に「電車内でマンガ(※電子書籍は除く)を読むことに抵抗感、気恥ずかしさを感じるか否か」、20代の社会人男女200人(男女100人ずつ)に調査を行っている。2年経った今、その意識に変化が生まれたのかどうかを見るため、同様の調査を行った。(R25調べ。協力/アイリサーチ)

〈通勤途中の電車の中でマンガを読むことに抵抗感はある?〉


※数値は 2015年 → 2017年
・「抵抗感がある」派 48.5% → 46.5%
・「抵抗感はない」派 51.5% → 53.5%

2015年時にギリギリ多数だった「抵抗感はない」派が微増。2ポイント増加という数字は誤差の範囲で、横ばいと捉えていいだろう。他方、マンガ・雑誌の発行部数の減少が止まらないというのは都度ニュースにもなっている。抵抗感は薄れているのに、漫画そのものは売れなくなっているという、ある面で皮肉な結果となった。なお、こちらのデータは男女別にみてもさほどの差はなかった。

では、「抵抗感がある」派、「抵抗感はない」派それぞれの意見を見ていこう。

●「抵抗感がある」派の意見
「教養にならないものを読んでいる、というような目で見られそう」(27歳・女性)
「学生までならいいが、スーツを着ながら漫画を読んでいてはバカっぽく見えるため」(28歳・男性)
「私自身がマンガが嫌いだから。大人が読むものではないと思う」(25歳・女性)
「笑ったりすると恥ずかしいから」(29歳・男性)
「電車内で読んでる人が少ないので目立ちます」(24歳・男性)
「周囲の目が気になるから」(28歳・男性)
「オタクだと思われそうだからです」(27歳・男性)
「電車内を安心できる空間と思ったことがないから」(29歳・女性)

●「抵抗感はない」派の意見
「漫画は恥ずかしいものではない」(29歳・男性)
「携帯を見るのと変わらない感覚だから」(25歳・女性)
「何が恥ずかしいのかよく理解できない」(27歳・女性)
「時間があるのだから暇つぶしにはちょうどいいと思います。恥ずかしくないです」(25歳・女性)
「電車の中で本を読んでいる人は結構いるから」(29歳・女性)
「長い乗車時間にどれだけ効率よく過ごせるのかの方が重要だから、恥ずかしさも関係ない」(26歳・男性)
「他の人の邪魔にならない範囲であれば良いと思います」(27歳・男性)
「周りの人は自分のことなどさほど見ていないと思うから」(28歳・女性)

それぞれの意見を集約すると、「抵抗感がある」派の意見は「知的に見えない」「人目が気になる」といったところ。一方「抵抗感はない」派の意見は「(マンガだけが)恥ずかしいとは思わない」といったところか。

ではこちら「電車の中でゲーム(スマホゲームや携帯型ゲーム)をすること」についてはどうだろう。

〈通勤途中の電車の中でゲーム(スマホゲームや携帯型ゲーム)をすることに抵抗感はある?〉
※数値は 2015年 → 2017年
・抵抗感がある 36.0% → 33.5%
・抵抗感はない 64.0% → 66.5%

こちらも「抵抗感はない」派が2.5ポイントのみ増加、やはり変化とまで言えるほどの違いはない。2年という調査間隔では代わり映えのしない結果となったが、男女別で数字を見るとすこし趣が変わってくる。

※数値は 2015年 → 2017年
【男性】
「抵抗感はない」 64.0% → 72.0%

【女性】
抵抗感はない 64.0% → 61.0%

2015年の調査では、男女とも「抵抗感はない」派が全く同じ数字だったが、今回の調査では、男性は「抵抗感はない」派が8ポイント増と、十分に“変化”といえる傾向を見せた。一方、女性は数値の変化こそ少ないものの、男性とは逆に「抵抗感はない」派が3ポイントの“減少”を見せている。都合11ポイント、たった2年で男女にこれだけの差が生まれているというのが興味深い。

この男女差の理由についてまでは、今回の調査では詳細はわからない。しかし、マンガについては取り立てて変化が見られなかったのに対し、ゲームについては男女で真逆の変化が生まれている。それが良い印象であれ悪い印象であれ、車内でマンガを読むことよりもゲームをすることに興味・注目が移っているとは言えそうだ。
(のび@びた)

(R25編集部)
「電車内のゲームに抵抗ない」社会人男性、2年で増加はコチラ

※当記事は2017年02月15日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約