政治・社会

「クソリプ自重しよう」ストーカー規制法に反応続々

2016.12.10R25

ブログやSNSへの投稿を規制の対象に加える改正ストーカー規制法が12月6日、衆議院本会議にて全会一致で可決され、法案成立となった。

【もっと大きな画像や図表を見る】

これまでのストーカー規制法では、住居や勤務先、学校などでのつきまとい行為のほか、電話やFAX、メールによる嫌がらせが規制の対象だった。今回の改正法では、ブログのコメントやツイッターなどのSNSで執拗にメッセージを送る、などの行為も規制対象となる。

今年5月に東京・小金井市で発生した、芸能活動をしていた女子大生が刺された事件がきっかけとなった今回の改正。加害者はツイッターで被害者に対する嫌がらせ投稿を繰り返し行っていたが、現行法では規制対象ではなかったため、警察は対応できなかったという経緯があった。

そのほか、ストーカー行為を非親告罪とするほか、緊急の場合にはつきまとい禁止命令の手続きを簡略化できるようにするという今回の法改正。ツイッターでは、

「(´-`).。oO(ヤバイ。クソリプ送り付けるのマジで自重しようwwwwww)」
「ストーカー規制法怖すぎん??アイドルにクソリプ送ることさえままならないの??俺に生き甲斐が無くなるねんけど」
「Twitterでしつこく絡むアカウントの人は注意が必要なの?>改正ストーカー規制法」

と、これまでツイッターで何気なくやっていたことがストーカー行為になりうる可能性があるということで、自らのツイッターライフを省みる人も多い。また、

「ニコ生など配信サービスに付けられるコメントも対象になるのだろうか」

と、動画配信に対するコメントなどがどう扱われるかという点も議論の的となりそうだ。

次々と登場するネット上のサービスの影響で、多様化するストーカー行為。それらを食い止めるために、この改正法がどのように運用されていくかにも注目が集まる。
(小浦大生)

(R25編集部)
「クソリプ自重しよう」ストーカー規制法に反応続々はコチラ

※当記事は2016年12月09日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約