オフ

東洋水産「甘ーいきつねうどん」に「一安心」の声

2017.01.15R25

東洋水産が1月10日、カップ入り即席麺「赤いきつねうどん」を甘めの味わいに仕上げた「マルちゃん 甘ーいきつねうどん」(税別180円)を1月23日より期間限定販売すると発表。同社によれば“話題化を狙ったもの”で、パッケージは「赤いきつねうどん」をベースに可愛らしいデザインに仕上げ、「バレンタインのプレゼントにもぴったりな一品」とアピールしている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

最近、カップ麺業界では“変わり味”が相次いでおり、明星食品は2016年12月5日から「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」を発売。また今年1月9日からは、1年前に発売した「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」をリニューアル発売している。

その他にも、1月16日にはペヤングが「チョコレートやきそばギリ」を発売予定。「マルちゃん 甘ーいきつねうどん」の発売日と同じ23日には、日清食品も「じゃぱん ぬーどるずトリオ」と銘打ち、「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」など3品を同時発売すると発表している。

こうなると、もはや業界をあげてのブームともとれる事態。Twitterにも、

「カップラ業界はどこを目指してるのだろう…」
「最近カップ麺とかでも甘いのとか変わりダネをやってるけど需要あるのでしょうか?」

といった戸惑いの声がみられるが、「マルちゃん 甘ーいきつねうどん」は「淡口醤油仕立てのつゆ」を使用しているということで、

「スイーツとかでなく甘い味付け これは暴走って程ではないと思う」
「甘いっていうからチョコでも突っ込んだのかと……良かった、甘めなだけだった」
「一瞬、一平ちゃんに続く商品か!って思ったけど、甘い感じだけみたいだから一安心ww」

と、安堵の声があがった。ただ、すっかり“ネタ慣れ”してしまったTwitterユーザーもいるようで、

「違う。もっとスイーツに矜持を持って飛び込んで!」
「一平ちゃんくらい振り切って欲しい気持ちもなきにしもあらず。笑」
「甘いきつねうどん、甘めの出汁にしたとのことだが、いっそメープルシロップにでも浸けたもの出してくれないと驚かないぞ」

と、いったツッコミもあった。

カップ麺業界で“変わり味”が今後エスカレートするのか、はたまた落ち着くのか…。各企業の展開が注目される。

(花賀 太)

(R25編集部)
東洋水産「甘ーいきつねうどん」に「一安心」の声はコチラ

※当記事は2017年01月14日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約