オフ

十二支漢字テスト、全問正解のオトナたった3割

2017.01.06R25

今年の干支は?――年末年始は「酉」という字を目にする機会も多く、聞かれたらすぐに答えられる人は多いだろう。しかし、十二支すべてを“漢字で”書けと言われたら、不安を覚える人もいるのでは? 漢字を手書きする機会が減っている昨今、答えられないと「ドキッ」とするこの問題。20〜30代の会社員男女200人を対象に、アンケートを通して「十二支漢字テスト」を行ってみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

【もっと大きな画像や図表を見る】

●十二支漢字テスト

(※それぞれ正しいと思う方を選択、★が正解)

【ね】
★子 89.5%(179人)
・鼡 10.5%(21人)

【うし】
・牛 6.0%(12人)
★丑 94.0%(188人)

【とら】
・虎 16.0%(32人)
★寅 84.0%(168人)

【う】
・兎 37.0%(74人)
★卯 63.0%(126人)

【たつ】
・竜 12.0%(24人)
★辰 88.0%(176人)

【み】
・己 14.5%(29人)
★巳 85.5%(171人)

【うま】
★午 85.0%(170人)
・馬 15.0%(30人)

【ひつじ】
・羊 20.5%(41人)
★未 79.5%(159人)

【さる】
・去 2.5%(5人)
★申 97.5%(195人)

【とり】
★酉 96.0%(192人)
・隹 4.0%(8人)

【いぬ】
・狗 3.5%(7人)
★戌 96.5%(193人)

【い】
★亥 88.0%(176人)
・已 12.0%(24人)

結果、全員が正解した設問はなく、12問すべてに正解したのは68人(34.0%)と半数以下となった。もっとも不正解が多かったのは「う(兎・卯)」で、4割近くの人が間違えて回答しており、誤認している人が多い模様。ちなみに、回答してもらった後に「すべて合っている自信があるか」を聞いてみたが、「自信がない」と答えた人は141人(70.5%)にも上っていた。理由を聞いてみると、

「わからなかったら携帯で調べるから」(20歳・女性)
「パソコンやスマートフォンの利用ばかりだから」(28歳・女性)
「最近、干支の漢字にふれる機会が無いからです」(27歳・男性)
「自分の干支から遠いものに自信が無い」(34歳・女性)
「文字を書く機会が減ってしまい、いざ書こうとしても思いだせない字が増えていると感じているから」(36歳・女性)
「年賀状も書かなくなったので、余計意識しなくなった」(36歳・女性)
「見ているようで、よく見てなかったから」(37歳・男性)
「どちらかわからず勘で選んだものがあったので」(38歳・男性)

と、「字・漢字を書かなくなった」「年賀状を書かなくなった」という理由が多く挙がっている。

なお、回答に「自信がある」と答えていたのは59人で、そのうち全問正解だったのは30人。半数は自信があったにもかかわらず間違えていた。これを読んでドキッとした方は、一度何も見ずに十二支の漢字を実際に書いてみてはいかがだろうか。

(吉田良雄)
(R25編集部)
十二支漢字テスト、全問正解のオトナたった3割はコチラ

※当記事は2017年01月05日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約