IT・サイエンス

スマホに付けられる1500ルーメンの本格派ライト

2017.03.26R25

夜の屋外、スマホで写真や動画を撮ったら、ライトの光がしっかりと届かずに、キレイに写っていなかったという経験はありませんか。そんなときには、光量が多い外付けのライトを使ってみてはどうでしょうか。

【もっと大きな画像や図表を見る】

『LUME CUBE(リュームキューブ)』は、最大1500ルーメンという驚異的な光量を持つ外付けLEDライト。これは、100W相当のLED電球に匹敵する明るさです。

スマホへの装着は、別売りのスマートフォンクリップを使います。他にも一眼レフ用やドローン用、GoPro用などのマウントがあるので、様々なアイテムで使用できます。

本体だけでも光量やモード(フラッシュ・ビデオ)を選択できますが、Bluetoothでスマホと接続すれば、iOS、Androidに対応した無料アプリでも操作が可能。光量は10段階で調整できるので、明るくなりすぎることもありません。自撮りの際などは、弱めの光量を上手く使えば、いい感じに撮影ができるでしょう。

こだわりの作品を撮影する人には、他のフラッシュ光に同調して発光させるスレーブ発光が使えるのも嬉しいポイント。スマホのアプリを使えば、複数の『LUME CUBE』をコントロールして同時に発光できるので、全体的に光のあたったキレイな写真をとることができます。

気になる使用時間は、90分の充電で、約2時間の連続点灯が可能(ビデオモードで10段階のうち5で使用)。外形寸法は43×44×43mm、重量は105gとコンパクトなボディなので、持ち歩きも苦になりません。スマホで写真を撮る機会が多い人は、カバンに入れておきたいアイテムです。

(コージ林田)

『LUME CUBE(リュームキューブ)』(ケンコートキナー/価格:1万5400円)


(R25編集部)
スマホに付けられる1500ルーメンの本格派ライトはコチラ

※当記事は2017年03月25日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約