IT・サイエンス

心拍数モニター付きの完全独立型イヤホン

2017.03.19R25

EARINが市場を開拓し、アップルのAirPodsで一気に知名度があがった完全独立型イヤホン。左右独立型とも称される通り、ドライバ同士をつなぐコードすら廃してしまった耳栓タイプのBluetoothイヤホンです。完全コードレスゆえ満員電車はもちろんのこと、激しい動きをともなうエクササイズにもぴったり。

【もっと大きな画像や図表を見る】

そんな完全独立型イヤホンを、よりスポーツに特化させたモデルがJabraの『Jabra Elite Sport』。どこがスポーツ向けかと言いますと、3年間保証の汗による故障を防ぐ防水性能に加え、耳栓サイズでありながら心拍数モニターまで付いたところ。専用アプリ『Jabra Sport Life』とあわせて使うことで、体力テストはもちろん、日々の運動ログ記録、目的に応じたリアルタイムガイダンスといった、パーソナルトレーニングを受けることができます。

激しい運動ではホールド感が大事ですが、Jabra独自の耳に固定するためのパーツ、イヤーウィングとシリコンイヤージェル、そして耳穴に入れるフォームチップは、S・M・Lとそれぞれ3サイズ付属。実際にランニングで使用してみましたが、一度も外れることはありませんでした。

エクササイズ以外の日常使いでも機能は十分。高音質での音楽リスニングのみならず、4つの内蔵マイクによる周囲の雑音をカットした高品質な通話も楽しむことが可能です。

もっともこのコンパクトさゆえ、連続使用時間は3時間と短めなのがタマにキズ。しかし収納ケースにバッテリーが内蔵されており、仕舞うたびに自動でチャージしてくれるため、さほど気になりません。また、ケースから取り出すと自動で電源オン&ペアリングしてくれるため準備もスピーディー。

普段使いからエクササイズまでいたれりつくせりの『Jabra Elite Sport』。問題があるとすれば…3万円超の価格ですが、これだけの機能があればまず納得の一品と言えるでしょう。

(熊山 准)

『Jabra Elite Sport』(Jabra/価格:3万370円)


(R25編集部)
心拍数モニター付きの完全独立型イヤホンはコチラ

※当記事は2017年03月18日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約