ビジネス・経済

目標を達成できない理由 1位は「立てたこと忘れた」

2017.01.17R25

2017年の仕事も本格的にスタートし、今年こそは! と様々な目標を立てている人は多いはず。しかし、目標が達成したと語る人はあまり見たことがないような…。新年など、節目に立てた目標を実際に達成したことがある人はどれほどいるのだろう? 20〜30代の会社員男性200人にアンケートを実施した(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

【もっと大きな画像や図表を見る】

〈社会人になってから、節目に立てた目標を達成したことはある?〉

・達成したことがある 30.5%
・達成したことがない 69.5%

“社会人になってから”という長期スパンにもかかわらず、【達成したことがない】が約7割。若手社会人の3割しか【達成したことがある】人はいない。そんな少数派の彼ら(61人)にどんな目標を達成できたかを聞くと、以下のように大別できた。

〈これまでに達成できた目標TOP6〉

※フリーコメントで得られた回答を6つのグループに分類
1位 営業数字達成など「仕事関係」 17人
2位 資格取得など「勉強関係」 15人
3位 貯蓄など「お金関係」 11人
4位 ダイエットなど「健康維持」 7人
5位 マラソン完走など「趣味関係」 5人
6位 結婚など「恋愛関係」 4人
※その他 2人

最も多かったのは、【仕事関係】。「営業の目標数字をクリアできた」(32歳)や「プロジェクトの利益を出す」(38歳)といった数字で示される目標から、「転職」(36歳)、「昇進」(30歳)などといったステップアップに関する目標が寄せられた。以下、【勉強関係】【お金関係】が続き、なかには「年収アップを毎年達成している」(36歳)、「貯金を100万円」(26歳)という人も。目標に据えたからこそ、達成できたという人も多そうだ。

では、多数派となってしまった「目標を達成したことがない」という人は、なぜ挫折してしまったのか? 「達成したことがない」と回答した139人にその理由を聞いてみた。

〈目標を達成できなかった理由TOP5〉

(8項目から上位2つを選択。1位=2pt、2位=1ptとして計算)
1位 目標を立てたこと自体を忘れてしまった 107pt
2位 忙しくて目標どころではなかった 65pt
3位 目標が曖昧すぎた 52pt
4位 動機が弱かった 42pt
5位 目標が高すぎた 40pt

最大の理由は【目標を立てたこと自体を忘れてしまった】。確かに1月に立てた目標も2月には忘却の彼方…という人は多いはず。また、3位には【目標が曖昧すぎた】がランクイン。上述の「達成できた目標」をみると、具体的な数字や達成ラインが判別しやすい事柄が多い印象だ。目標を目につく場所に掲げて意識し、さらに具体的な達成ラインを設けると、目標達成に近づくことができるかも?

(千川 武)

(R25編集部)
目標を達成できない理由 1位は「立てたこと忘れた」はコチラ

※当記事は2017年01月16日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部 抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写付きのコラムを掲載しております

キタコレ!

トラベル予約