ニュースピックアップ

「新型コロナウイルス接触確認アプリ-COCOA- 普及促進アイデアソン」10月21日開催 大阪スマートシティパートナーズフォーラム

大阪府、企業、シビックテック、府内市町村、大学などが、“大阪モデル”のスマートシティの実現のため、8月に設立した「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」(以下、本フォーラム)は、地域課題の解決を目的としたワーキンググループを設置し、データを活用したアプリケーションの導入等を検討している。
 
今回、本フォーラムでは令和2年10月21日(水曜日)に新型コロナウイルスとの「共存」を図りながら、感染拡大を抑えつつ社会経済活動を維持する取組みとして、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(※)の普及促進を図る『新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)アイデアソン』を開催する。
 
アイデアソンのファシリテーターには、井上 誠 氏(Code for OSAKA 代表)を招き、COCOA普及促進のアイデアについてチームに分かれて検討、チームごとにアイデアを発表し、審査員による審査を実施して、優秀賞を選定する。
審査員は、大阪府スマートシティ戦略部長CIO 坪田 知巳 氏、一般社団法人 コード・フォー・ジャパン 東 健二郎 氏、日本マイクロソフト株式会社 デジタル・ガバメント統括本部 デザインジャパン推進室 室長 藤中 伸紀 氏が務める。
 
なお、当日出たアイデアから実現が期待されるものは、今後の普及促進に役立てるよう厚生労働省に情報提供も行う予定という。
 
※新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)とは
利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるアプリ。本アプリはApple社とGoogle社が提供しているアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を元に開発。

アイデアソンの開催概要は以下の通り(大阪府ホームページより
 


<開催概要>
1 日時 
令和2年10月21日(水曜日) 午後1時から午後6時まで

2 場所 
損保ジャパン大阪ビル12階 大会議室(大阪府大阪市中央区瓦町4-1-2)

3 内容 
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)普及促進のアイデアについて、チームに分かれて検討します。チームごとにアイデアを発表し、審査員による審査を実施し、優秀賞を選定いたします。
なお、当日出たアイデアから実現が期待されるものについては、今後の普及促進 に役立てるよう厚生労働省に情報提供いたします。

4 ファシリテーター 
Code for OSAKA 代表 井上 誠 氏
<井上 誠 氏プロフィール>
Code for OSAKA代表。2016年に、ITを活用した社会課題の解決等を通じて大阪のよりよい街づくりを目指す「Code for OSAKA」を立ち上げ、エンジニア、デザイナー、大学関係者、行政など約400名により構成されるコミュニティを形成。IT関連の展示会、アイデアソンやハッカソンの企画・運営、ファシリテーションを展開。

5 参加対象者 
大阪スマートシティパートナーズフォーラム会員

6 参加募集期間 令和2年10月2日(金曜日)から令和2年10月14日(水曜日)まで

<イベント内容詳細>
1 タイムスケジュール
午後0時30分から 受付開始
午後1時から     第1部 趣旨説明等
午後1時30分から  第2部 グループワーク
午後5時から        第3部 発表・表彰式
※あくまでも予定時間となります。時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

2 審査員
・一般社団法人 コード・フォー・ジャパン 東 健二郎 氏
・日本マイクロソフト株式会社 デジタル・ガバメント統括本部 デザインジャパン推進室 室長 藤中 伸紀 氏
・大阪府スマートシティ戦略部長・CIO 坪田 知巳 


 
■各種リンク

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)普及促進アイデアソン
大阪スマートシティパートナーズフォーラム(特設ページ)
大阪府ホームページ:大阪スマートシティパートナーズフォーラム

■問い合わせ

大阪スマートシティパートナーズフォーラム事務局
(大阪府 スマートシティ戦略部 スマートシティ戦略総務課)
電話:06-6944-6982
ファックス:06-6944-6078
メール:smartcity-partners@gbox.pref.osaka.lg.jp

続きを読む