銀行間取引市場

銀行間取引市場とは?:銀行間取引市場(ぎんこうかんとりひきしじょう、)とは、広義の金融機関同士で外貨をふくむ短期資金(コールマネー)を取引する市場のこと。インターバンク市場とも言う。日本では無担保コール翌日物が取引の主体。中華・・・[ 続きを見る ](出典:Wikipedia)

ピックアップ!

銀行間取引市場についてもっと知る!

トラベル予約