ニューストップ>社会>事件>カネミ油症事件

カネミ油症事件

カネミ油症事件とは?:カネミ油症事件(カネミゆしょうじけん)とは、1968年、カネミ倉庫が製造する食用油にダイオキシン類(PCBなど)が製造過程で混入し、その食用油(「カネミライスオイル」と呼ばれた)を摂取した人々やその胎児に障害など・・・[ 続きを見る ](出典:Wikipedia)

ピックアップ!

カネミ油症事件についてもっと知る!

新着ニュースメール

メールアドレスの登録で新着ニュースをお知らせします。

登録はこちらから

トラベル予約