株式会社ブランシュネージュ
PRONUPTIA PARIS が、ヴァレンタインシーズンに贈る特別な展示会 2018 コレクション 2月東京展示会開催!

2018年02月05日

このたび、フランスのウェディングドレスブランド グループ・プロニプシア(CEO フィリップマッセ)と株式会社ブランシュネージュ(本社:東京都渋谷区/代表取締役 松藤ゆきよ)は、共同でPRONUPTIA PARIS(プロ二プシア パリ)の2018 コレクション 2月東京展示会を開催いたします。



● 永遠のブランドコンセプトは「アムール 愛」

プロニプシアは、今年で創業60周年を迎えるフランスを代表する老舗ドレスメーカーです。どんな時代でも「花嫁さんが1ヶ月分のお給料で買えるウェディングドレス」をコンセプトに「アムール 愛」をテーマに世界で最初のプレタポルテ・ウェディングドレスメーカーとしての地位を築いてきました。フランスでは、唯一、親子3世代で愛されるウェディングドレスとして、高い知名度を獲得しています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31401/3/resize/d31401-3-350368-1.jpg ]


日本上陸は1974年。国内初のインポートウェディングドレスとして輸入され、たくさんのファッション雑誌で話題となりました。その当時、おしゃれ花嫁さんだったママ、そして、現代、そのお嬢様と、親子2世代でお召しになって頂ける、パリのエスプリを感じさせるドレスです。

パリの老舗百貨店ギャルリ・ラファイエットや、プロニプシアのパリ直営店まで買いにいかなくても、代官山で現地と同じプライス、同じデザインのドレスをタイムラグなしで販売をしていきます。

海外からドレスを購入しようとすると、個人輸入、もしくは、輸入サイトをご利用になるかたが多いですが、その際、諸経費(輸入関税、送料、手数料)の支払い、フランス語でのやり取り、納期の心配など煩わしい手続きが必要になります。当社では、その必要がなく、安心して、しかも、日本で購入できるシステムです。


シンプルで洗練されたパリジェンヌに愛されているプロニプシアのドレスは、グローバルな時代の今を生きていく知的好奇心いっぱいの花嫁さんのためのウェディングドレスです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31401/3/resize/d31401-3-310915-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/31401/3/resize/d31401-3-876160-0.jpg ]



● PRONUPTIA PARIS 2018年コレクション 2月東京展示会

[画像4: https://prtimes.jp/i/31401/3/resize/d31401-3-292122-3.jpg ]


ファッショナブルな情報発信基地の代官山で、グループ・プロニプシアから2つのブランド「プロニプシア パリ」と「マドモアゼル アムール」の最新コレクションをどなたでもお気軽にご覧いただける展示会です。

これから結婚する花嫁さま、花嫁のお母さま、すべての女性にご紹介したいウェディングドレスです。

今回ご紹介するドレスは、プライスも控え目で10万円台〜20万円台が中心。海外挙式、ホテル挙式、邸宅ウェディング、すべてのシチュエーションに合わせたモデルをご用意して、花嫁さんにご提案いたします。


ささやかですが、ご来場のみなさまには「ペクー社のトリコロール・ドラジェショコラ」をバレンタインデーにちなんでプレゼントします。

日時 2018年2月10日(土)〜14日(水)
   10時〜20時まで 最終日は19時まで
場所 ザ・コノエ代官山ギャラリー
連絡先 03-3770-2632 


<GROUPE PRONUPTIA グループ・プロニプシア>
「プロニプシア」「マドモアゼル アムール」「ポワン マリアージュ」の 3ブランドで構成。これまでにクリスチャン・ラクロア、ジャンポール・ゴルチェ、森英恵等のグランメゾンとコラボしたウェディングドレスコレクションも発表。ル・マン耐久レース参加。ミスフランスにドレス提供。

<Phillippe MACE フィリップ・マッセ>
プロニプシアグループ CEO
母親が経営してたコアフ、ベール、グローブなどをプロニプシアに提供するメーカーを20歳の大学生の頃から引き継ぐ。プロニプシアのフランチャイズ、ポワン マリアージュの経営、プロニプシアグループにCEOに就任。12才の一人娘をこよなく愛するパパでもあり、カーレーサー。

<松藤ゆきよ>
株式会社ブランシュネージュ 代表取締役
バンタンデザイン研究所卒業後、株式会社ファイブフォックス企画入社。1993年26歳で代官山八幡通りにブランシュネージュをオープン。国産高級シルク、フランスレースのオーダーメイドドレスを25年作り続けている。プロニプシアを最初に日本で紹介した、東映映画監督でもあった故 近藤節也、三恵子夫妻の遺志を受け継いで2008年よりプロニプシアの日本代表。


【本件に関するお問合せ先】
株式会社ブランシュネージュ
担当 松藤(まつふじ)
TEL 03-3770-2632
営業時間 11:00 - 20:00 水曜定休
e-mail:blanchen@chive.ocn.ne.jp

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

PR TIMES 新着情報